インフルエンザにかかったときの食事

インフルエンザにかかったときの食事はどうすればいい?

インフルエンザにかかってしまったときに、とにかく早く回復するためにはどんなことをすればいいのでしょうか。例えば、食べるものは?

今回はインフルエンザにかかってしまった場合、どのような食事が効果的なのか、医師に話を聞いてきました。



「インフルエンザかも?」と思ったら…

インフルエンザかなと思ったら、まずは病院で検査を受けましょう。検査で陽性と診断されたら、家で安静にして内服薬を服用することになります。

インフルエンザは1〜3日間の潜伏期間を経て、悪寒から始まり高熱と全身倦怠感が急激にあらわれます。さらに呼吸器症状(鼻水、咳、咽頭痛)や消化器症状(吐気、嘔吐、下痢)、頭痛や筋肉痛などが起こります。風邪に似た症状ではありますが、インフルエンザとなるとそれぞれの症状も強く出てきます。

発熱や鼻水、下痢で水分が奪われるし、嘔吐や下痢で栄養の吸収が減って栄養不足となり、体力や免疫力などが低下してしまいます。食事で体に必要なものをとらないと、体力ばかり消耗され、治癒しても体がだるいという状態になってしまいます。そのため、インフルエンザにかかったら適切な食事も大切です。

水分をとること

インフルエンザに罹った場合、まず1番必要なのは、水分です。高熱や下痢、嘔吐によって脱水症状を引き起こしがちになります。

最もおすすめしたいのは、スポーツドリンクなどです。発熱時には水分だけでなく、塩分も奪われ、下痢や嘔吐のときには、他にも多くの栄養素が奪われています。そのため、体内の電解質バランスが崩れてしまいます。水分だけでなくミネラルも含むスポーツドリンクがいいでしょう。薬局ならば、専用の経口補水液も入手できます。

消化の良いものを食べる

食べ物に関しては、消化の良い食べ物がいいでしょう。特に、消化器系が弱っているときは、刺激物や消化の悪い物は負担となってしまいます。

咽頭痛がある場合には、固形物を飲み込むだけでもつらいために、柔らかいものがいいでしょう。具体的には、おかゆやおじやがおすすめです。

さらに、免疫力アップのため、肉、魚、大豆やヨーグルト等のたんぱく質も食べられるといいですね。おかゆに魚も入れたり、おじやにキノコや緑黄色野菜を入れるなど工夫できるといいですね。肉などで脂分が多いものは消化に時間がかかるので、よく煮込むなど、柔らかくするといいでしょう。

インフルエンザ時の食事で気をつけたいこと

,なるべくバランス良く摂取することが理想ではありますが、そのときの症状に合った食事をとりましょう。症状に反して無理に食事をとるのもよくないでしょう。

また、下痢ばかりで日に日に倦怠感が強くなるなど十分に栄養が取れないときには、病院で点滴も行えます。

■医師からのアドバイス

インフルエンザは予防が大切です。手洗い、うがいをし、十分な休息とバランスのよい食事を心がけましょう。
あなたにオススメ!診断コンテンツインフルエンザと風邪は、症状も原因も症状も異なりますが、見分けがつかない方が多いようです。その症状はインフルエンザ? それとも風邪? まずは簡単なセルフチェックで調べてみましょう!


コラム

「インフルエンザワクチンは効かない?」専門家3人に聞いた

医学は日進月歩。それだけに、昨日まで信じられていた「正しいこと」が180度変わってしまうことも!体にいいことを日常に取り入れていくためにも、とりあえず現状を把握しておくことが大切なよう。

そこで、医療の常識としてどれがいま正しいのか?3人の先生にジャッジしてもらった。


 解説してくれたのは、東京家政大学家政学部教授で整形外科の中村信也先生。神経内科医で東京あきる野市・米山医院院長の米山公啓先生。神経内科・頭痛専門医で秋葉原駅クリニック院長の大和田潔先生だ。



【Q】インフルエンザワクチンは、接種しても実は効かないの?

「判定は△。慶應大学などの研究チームが4千人を対象にした大規模調査で13〜15歳についてワクチン接種は効果がなかったという結論が出ました」(中村先生)

「判定は△。ワクチンは弱い菌を体内に入れて抗体を作り、本当の病気にかからないようにする仕組み。ただ人間の抗体は微妙で、ウイルスの形が少しでも変わると効かなくなったりする。とくにインフルエンザは型が多いこともあり、ワクチンが効きにくい。ただ接種していれば罹患しても重症化するケースは少ないなどのメリットがあります」(米山先生)

「判定は◯。効かないからワクチンは無意味というのは短絡的。今後、強毒性のウイルスが発生した場合はワクチンが頼りになる。やはり打っておくのが安心です」(大和田先生)

続きは
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151203-00010004-jisin-soci

コラム

今もっともインフルエンザの流行リスクがある地域はどこ?


現在、全47都道府県に、インフルエンザの「流行警報」が発令されています。まわりでもインフルで会社や学校を休んでいる方が、増えているかもしれません。

ニュースや新聞で耳にするインフルエンザの「警報」、これはどのような基準で判断されているのでしょうか? 国立感染症研究所、東京都感染症情報センターによると、

・保健所管内の定点医療機関における1週間の新規患者数が10名を超えるとその保健所は「注意報レベル」に
・30名を超えると、10名を下回るまでは「警報レベル」に
・東京都では、注意報・警報レベルを超えた保健所管内の人口が都民の30%を超えると、都全体に注意報・警報が発令

という仕組みになっているようです。


続きは
http://news.livedoor.com/article/detail/9712452/




子どもの異常行動

インフルエンザによる子どもの異常行動が多発中 要注意!

処方されたタミフルを服用した子どもに、異常な行動が現れる。

数年前、インフルエンザにかかった子どもについて、相次いでこのような報告があったことを、覚えている人も多いと思います。

自宅の2階から転落するなど、痛ましい事故につながったケースもありました。

こうしたインフルエンザの子どもの異常行動と、治療薬タミフルとの因果関係は未だはっきりしていないようです。

厚生労働省は、平成19年に、原則、10歳以上の未成年にはタミフルの使用を差し控えるよう、医療機関に通達を出しました。

これにより、現在、10歳代のインフルエンザ患者には、タミフル以外の薬が処方されています。

これで異常行動は起きない、と考えたいところなのですが、実は、通達が出された後も、インフルエンザの子どもの異常行動は無くなっていません。


■異常行動とは?

厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」によれば、“異常行動”として次のような例が挙げられています。

・突然立ち上がって部屋から出ようとする。
・興奮状態となり、手を広げて部屋を駆け回り、意味のわからないことを言う。
・興奮して窓を開けてベランダに出ようとする。
・自宅から出て外を歩いていて、話しかけても反応しない。
・人に襲われる感覚を覚え、外に飛び出す。
・変なことを言い出し、泣きながら部屋の中を動き回る。
・突然笑い出し、階段を駆け上がろうとする。>

特に、ベランダへ出たり、外に飛び出したり、という場合には、命にかかわる大事故につながることもあります。

周囲の大人が抑えたり、守ったりしなければなりません。

注意しましょう。



新型インフルエンザの拡がり

新型インフル発症前、微量で簡単ウイルス検出

新型インフルエンザの感染初期に、唾液(だえき)に含まれる微量のウイルスを検出する方法を鹿児島大の隅田泰生教授(生物化学)らのグループが開発、兵庫医大(兵庫県西宮市)で検査機器の試験運用を進めている。簡易検査キットと遺伝子検査の組み合わせによる確定診断方法に比べ、100分の1から千分の1のウイルス量で検出可能といい「発症前でも感染が確認でき、早期治療で重症化を防ぐ効果が期待できる」としている。

隅田教授によると、ウイルスがヒトの細胞の表面を覆う糖鎖にくっついて感染することに着目。患者の唾液に含まれるウイルスに、人工的に作った糖鎖をつけた微小な粒子を付着させ濃縮、検出する方法を開発した。新型インフルエンザの感染は通常、高熱などの症状が出た後、簡易検査キットで診断されるが、一定量以上のウイルスがないと結果が「陰性」となるケースがある。

 今回の方法はこうした“見逃し”がほとんどないと想定されており、データを積み重ね、早ければ今春の実用化を目指している。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/medical/349926/

早く、実用化してほしいですね。

  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。