インフルエンザ流行! > 新型インフルエンザとは > 新型インフルエンザとは

新型インフルエンザとは

新型インフルエンザとは

2009年新型インフルエンザとは、A型インフルエンザウイルスのH1N1亜型に属する、新たにヒト―ヒト間の伝染能力を有するようになったウイルスによる感染症。遅くとも2009年3月頃より、ヒトへの感染が世界各地で起きている。確認当初の呼称は豚インフルエンザ。

2009年4月30日0時 UTC現在、世界保健機関(WHO)による世界的流行の警戒水準は、ヒトからヒトへの感染が2か国以上で起きている状況を意味する「フェーズ5」である。フェーズ6(世界的に流行する状況)への進行を防ぐため、検疫をはじめとした対策が実施されている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

<<日本、感染者数で4番目に=世界では9800人超−新型インフル | インフルエンザ流行!トップへ | 発生確認と初期対応>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。