インフルエンザ流行! > 新型インフルエンザの影響 > 新型インフルで9万人死亡も

新型インフルエンザの影響

新型インフルで9万人死亡も

 オバマ米大統領の科学技術諮問委員会は24日、今秋以降の新型インフルエンザによって3万〜9万人が死亡する可能性があるとの報告書を公表した。

 報告書は「季節性インフルエンザに比べて致死率が高いわけでないが、免疫がないためより多くの人が感染する」と指摘。「国民の健康に対する重大な脅威だ」と位置付け、ワクチン製造を加速し、9月半ばにも最大4千万人分の接種ができるようにすべきだと勧告。妊婦や糖尿病患者など感染すると症状が悪化しやすい人を中心に接種を始めるべきだとしている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/293798/

日本も早く対策を打ち出して欲しい。

<<夏休みに集団感染712校、2400人超 | インフルエンザ流行!トップへ | 新型インフルエンザ 6000万〜7000万人分ワクチン確保へ>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。