インフルエンザ流行! > 新型インフルエンザ対策 > 新型インフルエンザ 6000万〜7000万人分ワクチン確保へ

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ 6000万〜7000万人分ワクチン確保へ

新型インフルエンザのワクチンについて、舛添厚生労働相は29日、遊説先の愛知県豊橋市で、「6000万人から7000万人分のワクチンは確保できると思う。安心してほしい」と述べ、海外からワクチンを輸入することで、国民のほぼ半数に接種できる見通しであることを明らかにした。

 厚生労働省は、国内で必要なワクチンの量を5300万人分と試算。国内のワクチンメーカーは、年内に1300万〜1700万人分しか生産する能力がないため、不足分を輸入でまかなう方針を示していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090830-00000078-yom-soci

輸入ワクチンの安全性をしっかり確認してください。

<<新型インフルで9万人死亡も | インフルエンザ流行!トップへ | 新型インフルで男性死亡 国内12人目>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。