インフルエンザ流行! > 新型インフルエンザの拡がり > 新型インフルの小1男児死亡=最年少、脳症で

新型インフルエンザの拡がり

新型インフルの小1男児死亡=最年少、脳症で

滋賀県は22日、新型インフルエンザに感染した同県守山市の小学1年生の男児(7)がインフルエンザ脳症で死亡したと発表した。新型に感染したか感染の疑いのある人の死亡は18人目。男児が最年少で、小学生では2人目となった。
 同県によると、男児はこれまで数カ月に1度発熱することがあり、周期性発熱症候群の疑いがあると診断されていた。19日朝から発熱し受診したが、インフルエンザの検査は行われず、解熱剤を処方され帰宅した。翌20日に40度の熱を出して別の診療所を受診。簡易検査でA型インフルエンザ陽性となり、けいれんなどの症状が現れたため病院に入院し、タミフルを投与されて人工呼吸器を着けた。容体が悪く、同日夜に滋賀医大付属病院に転院したが、21日夜、死亡した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090922-00000026-jij-soci

ピークになったら、どうなるのでしょう。

やっぱり、手洗い・うがいですか?

心配ですね。

<<園児がいる家庭の新型インフルエンザ対策2 | インフルエンザ流行!トップへ | 【新型インフル】ワクチン接種2回で6150円>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。