インフルエンザ流行! > コラム > 今もっともインフルエンザの流行リスクがある地域はどこ?

コラム

今もっともインフルエンザの流行リスクがある地域はどこ?


現在、全47都道府県に、インフルエンザの「流行警報」が発令されています。まわりでもインフルで会社や学校を休んでいる方が、増えているかもしれません。

ニュースや新聞で耳にするインフルエンザの「警報」、これはどのような基準で判断されているのでしょうか? 国立感染症研究所、東京都感染症情報センターによると、

・保健所管内の定点医療機関における1週間の新規患者数が10名を超えるとその保健所は「注意報レベル」に
・30名を超えると、10名を下回るまでは「警報レベル」に
・東京都では、注意報・警報レベルを超えた保健所管内の人口が都民の30%を超えると、都全体に注意報・警報が発令

という仕組みになっているようです。


続きは
http://news.livedoor.com/article/detail/9712452/




<<インフルエンザによる子どもの異常行動が多発中 要注意! | インフルエンザ流行!トップへ | 「インフルエンザワクチンは効かない?」専門家3人に聞いた>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。