子どもの異常行動

インフルエンザによる子どもの異常行動が多発中 要注意!

処方されたタミフルを服用した子どもに、異常な行動が現れる。

数年前、インフルエンザにかかった子どもについて、相次いでこのような報告があったことを、覚えている人も多いと思います。

自宅の2階から転落するなど、痛ましい事故につながったケースもありました。

こうしたインフルエンザの子どもの異常行動と、治療薬タミフルとの因果関係は未だはっきりしていないようです。

厚生労働省は、平成19年に、原則、10歳以上の未成年にはタミフルの使用を差し控えるよう、医療機関に通達を出しました。

これにより、現在、10歳代のインフルエンザ患者には、タミフル以外の薬が処方されています。

これで異常行動は起きない、と考えたいところなのですが、実は、通達が出された後も、インフルエンザの子どもの異常行動は無くなっていません。


■異常行動とは?

厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」によれば、“異常行動”として次のような例が挙げられています。

・突然立ち上がって部屋から出ようとする。
・興奮状態となり、手を広げて部屋を駆け回り、意味のわからないことを言う。
・興奮して窓を開けてベランダに出ようとする。
・自宅から出て外を歩いていて、話しかけても反応しない。
・人に襲われる感覚を覚え、外に飛び出す。
・変なことを言い出し、泣きながら部屋の中を動き回る。
・突然笑い出し、階段を駆け上がろうとする。>

特に、ベランダへ出たり、外に飛び出したり、という場合には、命にかかわる大事故につながることもあります。

周囲の大人が抑えたり、守ったりしなければなりません。

注意しましょう。





Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。