コラム

「インフルエンザワクチンは効かない?」専門家3人に聞いた

医学は日進月歩。それだけに、昨日まで信じられていた「正しいこと」が180度変わってしまうことも!体にいいことを日常に取り入れていくためにも、とりあえず現状を把握しておくことが大切なよう。

そこで、医療の常識としてどれがいま正しいのか?3人の先生にジャッジしてもらった。


 解説してくれたのは、東京家政大学家政学部教授で整形外科の中村信也先生。神経内科医で東京あきる野市・米山医院院長の米山公啓先生。神経内科・頭痛専門医で秋葉原駅クリニック院長の大和田潔先生だ。



【Q】インフルエンザワクチンは、接種しても実は効かないの?

「判定は△。慶應大学などの研究チームが4千人を対象にした大規模調査で13〜15歳についてワクチン接種は効果がなかったという結論が出ました」(中村先生)

「判定は△。ワクチンは弱い菌を体内に入れて抗体を作り、本当の病気にかからないようにする仕組み。ただ人間の抗体は微妙で、ウイルスの形が少しでも変わると効かなくなったりする。とくにインフルエンザは型が多いこともあり、ワクチンが効きにくい。ただ接種していれば罹患しても重症化するケースは少ないなどのメリットがあります」(米山先生)

「判定は◯。効かないからワクチンは無意味というのは短絡的。今後、強毒性のウイルスが発生した場合はワクチンが頼りになる。やはり打っておくのが安心です」(大和田先生)

続きは
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151203-00010004-jisin-soci

コラム

今もっともインフルエンザの流行リスクがある地域はどこ?


現在、全47都道府県に、インフルエンザの「流行警報」が発令されています。まわりでもインフルで会社や学校を休んでいる方が、増えているかもしれません。

ニュースや新聞で耳にするインフルエンザの「警報」、これはどのような基準で判断されているのでしょうか? 国立感染症研究所、東京都感染症情報センターによると、

・保健所管内の定点医療機関における1週間の新規患者数が10名を超えるとその保健所は「注意報レベル」に
・30名を超えると、10名を下回るまでは「警報レベル」に
・東京都では、注意報・警報レベルを超えた保健所管内の人口が都民の30%を超えると、都全体に注意報・警報が発令

という仕組みになっているようです。


続きは
http://news.livedoor.com/article/detail/9712452/




コラム

タミフルが効かない!

和歌山県新型インフルエンザ対策本部は7日、新型インフルエンザに感染した男児(8)から採取したウイルスに、治療薬タミフルへの耐性を示す遺伝子変異が県内で初めて確認されたと発表した。国内では30例目。男児はリレンザを処方されすでに回復しており、周囲への感染もないという。

続きは↓↓↓

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/343645/

コラム

新型インフル 騒ぎすぎる?

 新型インフルエンザをめぐる対応に「騒ぎすぎだ」とする声が出始めた。行政の対策が過剰、報道が大げさだとする批判、マスクだらけへの皮肉、いたずらに恐れることへの自戒などだ。昨年来の経済危機で、日々の経済ニュースに不安をかりたてられてきた。騒ぎすぎだとすると、もともと落ち着かない気分だったせいかもしれない。きょうのテーマは「新型インフル 騒ぎすぎる?」とした。

新型インフルエンザは国内での感染の広がりを受け、先週末、メキシコ、米本土、カナダからの旅客便の一律機内検疫を終了するなど、水際作戦が簡素化された。それまでは大量の人員が空港などに投入されてきた。

 東京都の石原慎太郎知事(76)は22日の定例会見で、新型インフルエンザの報道などを「ちょっと騒ぎすぎじゃないか」と指摘した。また、米紙ニューヨーク・タイムズは、日本人のマスク、手洗いの徹底に言及して、感染症など海外からの病気に「日本人はパラノイア(偏執症)であることで知られる」と伝えた。

■マスク信仰

 大勢の人々がマスクをしている光景は、欧米人には異様に映ることだろう。2003年、東アジアで広がった新型肺炎(SARS)がカナダ・トロントにも飛び火したため、現地で取材した。「マスク着用の人々」の写真はSARS報道の定番だったのだが、香港などと違い、トロントでマスクをした人は一人もおらず戸惑った。

 見知らぬ者同士がエレベーター内などで居合わせた場合、日本人なら相手の顔をじろじろ見たりはしない。一方、欧米では互いに笑顔を見せ、「こんにちは」と言い合う。そうして、自分があやしい人物でないとアピールするのだ。マスクを着用しているとそんなふうにはできない。欧米人がマスクを嫌う一因ではないかと思える。

 厚生労働省のホームページでは、「せき、くしゃみが出たらマスクを着用しましょう」と勧めている。うつさないことには効果があるようだが、予防できるとは言っていない。

■先行きを悲観

 さて、先週、多くの人にとって最も衝撃的だったニュースは、新型インフルエンザ関連でなく、日本の1−3月期の国内総生産(GDP)がかつて例を見ないマイナスを記録したというものではなかっただろうか。20日付新聞各紙の夕刊1面にはそろって「GDP年率15.2%減」と「戦後最悪の下落」の見出しが躍った。

 22日には、日銀の白川方明(まさあき)総裁(59)が記者会見で、景気は最悪期を脱したとの見方を表明する。景気には下げ止まりの兆しも出ていた。それでも、1〜3月期のGDPが「戦後最悪の下落」であったことに違いはなく、騒がしい報道になっても仕方なかった。

 この経済危機はそもそも、米国の住宅バブルの崩壊である。日本の経験からして、崩壊間違いなしの住宅バブルであったにもかかわらず、放置され、はじけて金融危機となり、世界的な景気悪化を招いた。日本でも輸出の低迷、失業の増加、倒産、所得の減少など、経済ニュースは暗いものばかりであり、新型インフルエンザという強敵を迎え撃つには日本人の気持ちが弱かったかもしれない。

■危機に強い都市

 米ニューヨーク市では先月末、高校で集団感染が確認されたが、ビジネスや市民生活は普段通りで、大きな混乱はなかった。また、介護関係者の話では、国内感染者が確認された神戸市では、通所施設に休業要請の出た期間、ヘルパーの人員が要介護度の高い人を優先して手際よく確保された。

 テロや震災といった危機を経験した都市は、対応が落ちついている印象があるが、どうだろう。(内畠嗣雅(うちはた・つぐまさ)/SANKEI EXPRESS)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/medical/257860/

確かに、騒ぎすぎという感じもあるが・・・
でも、どこのドラッグストアにいってもマスクが売り切れなのには
ビックリするね。

コラム

本当? 

新型インフル、1957年以前に生まれた人は免疫あり?


 【ワシントン=山田哲朗】米疾病対策センター(CDC)は20日の記者会見で、新型インフルエンザに対する自然免疫が1957年以前に生まれた中高年層に、存在する可能性を明らかにした。


 CDCのダニエル・ジャーニガン博士によると、新型インフルエンザは、普通の季節性インフルエンザと違い、若年層の入院が多い。患者の血液分析の結果、高齢者で新型インフルエンザに対する抵抗性が示唆されたという。

 1918年に大流行を起こしたH1N1型のスペイン風邪は、57年にH2N2型のアジア風邪にとってかわられた。このため、57年以前に、スペイン風邪のウイルスが変異したH1N1型のインフルエンザにさらされた経験を持つ高齢者は、やはりH1N1型の現在の新型インフルエンザに有効な免疫を獲得した可能性があるという。

(2009年5月21日13時49分 読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090521-OYT1T00566.htm?from=main3

もしかしたら、大丈夫?

でも・・・

1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。